便秘 解消 成功者 体験談

便秘ってつらいですよね、便秘を解消した成功者の体験談をお伝えします。
MENU

便意を感じたら即トイレ

46歳、会社員をしている男性です。
1年前にお酒をやめた頃から便通が悪くなり、完全に便秘体質になってしまいました。
お酒を飲んでいる頃は、どちらかというとゆるい感じの便が毎日出ている状態でしたが、硬く小さな便しか出なくなってしまいました。
便秘になってからは早くて3日に1回のペースでしか便が出ませんでした。
毎朝トイレで頑張るのですが、家にはトイレが一つしかありません。
2人の高校生の息子の登校時間と重なるために、私1人でトイレを占領するわけにもいかず、気ばかり焦って余計に便秘を悪化させてしまう始末です。
神経質なのか、外では便意を感じることもありませんでした。

 

便秘が悪化してしまい

便秘が続くときは体調が悪く微熱も感じますし、お腹が張って体がだるくなり、集中力も落ちてしまいます。
会社では主に事務作業をしていますが、便秘が続くとミスが目立ちますし、残業をしたときなどは以前よりもぐったりと疲れてしまいます。

 

妻が心配して自分がたまに使っている便秘薬を分けてくれましたが、体質に合っていないのか効果はありませんでした。
便秘くらいで病院にかかることもできず、究極に溜まってしまったときは「浣腸」を使います。
会社勤めをしているものにとって浣腸は扱いづらいもので、タイミングを間違えると会社で仕事ができなくなるほど便意に襲われてしまうので週末に使うようにしていました。
浣腸の注意書きにお書かれていましたが、常用すると自然な便意がなくなってしまうとのことなので、本当にどうしようもなくなったときだけの対処法です。

 

毎日便秘のために体調が優れないために気分も重く、「便秘が治るなら」と、やめたお酒をまた飲もうかとも考えました。
元々は中性脂肪が高いことが健康診断で分かり、健康のための禁酒でしたが、便秘になって体調を壊すのならば、まったく意味のないことのように思いました。

 

しかし、せっかく禁酒に成功したのだから・・と思い直し、本格的に便秘を改善してやろうと決心しました。

 

四股ストレッチが効果的

本やネットでさんざん調べ、少し手応えがあったのが「四股ストレッチ」と、朝に水を飲むことでした。
四股ストレッチは、股関節を柔らかくして腰痛や肩こりなどが改善されますが、便秘にもかなりの効果がありました。
方法としては四股を踏む態勢になって、そのまま腰をグイグイと下方向に押し込むといった簡単なものです。
私は体がかなり硬いほうなので最初は股関節から太ももが外れてしまうのではないか?と思うほど激痛が走り1分も続けられませんでしたが、現在ではかなり深くまで腰を落とすことができています。
股関節が柔らかくなってくると、体がポカポカと温かくなり、いかにも体に良さそうだと思いました。

 

四股ストレッチを始めてから4日目くらいの朝に突然強い便意を感じ、トイレに駆け込むとかなりの量の便が出ました。
ほとんど力むこともなくすんなりと大量に排便でき、その日は体調がものすごく良く、気分も晴れ晴れしていたことを覚えています。
いつもならば15分以上トイレで頑張っても鹿の糞のような便しかでないので、自分でもかなりの驚きです。
四股ストレッチはかんたんで、1日に15分くらいでよいので、飽き性で運動嫌いな私でも続けることができたのです。

 

朝一杯の水を飲むこと

四股ストレッチとともに始めたのが「朝一杯の水を飲む」ことです。
ネットに書かれていた説明によると、朝に冷たい水を飲むことで、腸が活発に動き蠕動運動という腸の排出作用で、自然な排便が促されるのだそうです。

 

現在では、この2つの習慣でかなり便秘はマシになったと思います。
以前までは便秘のせいか、顔に吹き出物がたくさんでき、かさぶたのような状態になっていましたし、体のあちこちに発疹ができて痒みを感じていました。
しかし最近では顔の吹き出物も体の発疹も治まり、体調も少しづつ良くなってきている状態です。

 

以前は便が出る出ないといったことは考えることはありませんでしたが、今回の経験で、少し食生活にも気を使うようになりました。
野菜をちゃんと食べて食物繊維を摂るように心がけ、少し散歩などして運動不足にならないように気をつけています。

このページの先頭へ